sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。












はじめに


野球の練習中、ボールを投げるとじわじわ肘が痛くなってボールを投げる度にひどくなってくる。テニスやゴルフでもボールを打てば打つほど肘に痛みが走る、などの経験はありませんか?

それはスポーツ障害と呼ばれる症状です。野球の場合は野球肘、テニスの場合はテニス肘、ゴルフの場合はゴルフ肘と呼ばれています。
どれも症状としてはほとんど同じですが、それぞれのスポーツで必要な動作を行うときに肘の痛みが発生して、通常必要な動作が行えなかったり、日常生活に支障が出てしまうことさえあります。

このようなスポーツをしている人に現れる独特の障害は、自分は経験をしていなくてもチームメイトや友人の間で経験されている方は探せばまず間違いなく居らっしゃるでしょう。

このサイトではそんな野球、テニス、ゴルフといったスポーツにおけるスポーツ障害についての原因や予防法、治療についてまで詳しく説明していきたいと思います。

sponsored link


スポーツ障害について


スポーツ時における特有の外傷や障害のことをまとめてスポーツ障害と言います。バレーボールで突き指したりするのも、ボクシングでパンチドランカーになるのも全てスポーツ障害です。
まずはこのスポーツ障害についてお話しましょう。

⇒ スポーツ障害とは


野球において


さて、早速ですが野球肘についてです。日本の野球人口は約500万人といわれていた時代も過ぎ去り、一昔前の日本を挙げての野球熱というのはどんどん薄れてきた感があります。
しかしながらいまだに日本のスポーツ界でも代表的なスポーツと言えば野球です。そんな野球で起こるスポーツ障害「野球肘」。その原因や予防と治療について説明していきましょう。

⇒ 野球肘の原因

⇒ 予防について

⇒ 治療について

⇒ 野球肩について


テニスにおいて


少し前までは高貴なスポーツとしてイメージされていたテニスですが、実は非常に激しい動きを必要とされるスポーツで、それ以上にプレーに精神的な影響が出やすいことでも有名です。
野球と同じく軟式も硬式もあり、大学では最も盛んなスポーツの一つとして挙げられています。そんなテニスにおけるスポーツ障害、「テニス肘」について説明していきます。

⇒ テニス肘の原因

⇒ 予防と治療


ゴルフにおいて


老若男女問わず楽しめるスポーツ、ゴルフ。紳士のスポーツと言われるほどマナーに対し厳粛で、相手は人ではなく自然という他のスポーツにはない特徴を持っています。
日本でも昔から会社のコンペや接待の現場として愛されていたゴルフですが、タイガーウッズの台頭によってさらにメジャーになりました。
そんなゴルフにおけるスポーツ障害、ゴルフ肘について説明していきます。

⇒ ゴルフ肘の原因

⇒ 予防と治療


sponsored link



copyright©2009  【野球肘・テニス肘・ゴルフ肘】  All Rights Reserved